理系就活生が選ぶ「就職人気ランキング」TOP100

理系就活生が選ぶ「就職人気ランキング」TOP100

4年連続で明治グループがトップに。

AIやビッグデータの重要性が高まる中、それを扱えるITエンジニア人材の需要は高い。そして、そうした業務に適応力がある「理系の学生」を企業はとくに求めている。では反対に、理系の学生はどんな企業に行きたいと考えているのか。

4月12日付の配信記事「2万人の就活生が選んだ『就職人気ランキング』」で、最新の学生の人気企業を掲載した。さらに、総合ランキング以外にも、男女別、文理別といった、属性別のランキングも作成している。今回、その中から理系就活生を対象にした、「就職人気ランキング・理系学生版」の上位100社を紹介していきたい。

ランキングは、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしたものだ。同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録している学生のうち2万2028人(うち理系3604人)が回答した結果だ。調査期間は2018年10月1日から2019年3月31日までとなっている。

ランキング表には、2020年卒・前半の総合順位と、昨年(2019年卒・前半)の理系順位を掲載している。なお、「前半」とあるのは、同調査が年に2回実施されているからだ。調査を、憧れやイメージが強い就活の「前半」と、実際の説明会や面接を経た「後半」とに分けて、傾向の違いを分析している。

■トップ10の半数が菓子・食品メーカー

1位は明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)で、4年連続で理系人気ランキングの首位に立つ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)