マツダ、新型「MAZDA3」が背負う重大使命

マツダ、新型「MAZDA3」が背負う重大使命

マツダは「アクセラ」を全面改良し、「MAZDA3(マツダ3)」として発売した(撮影:尾形文繁)

「すべての領域の質感を磨いた。お客様の期待にさらに高い次元でお応えできる商品だと自負している」

マツダは国内向けの新型「MAZDA3(マツダ3)」を5月24日に発表した。丸本明社長は同日都内で開かれた発表会で新世代商品の第1弾となるマツダ3への期待を語った。かつて日本では「アクセラ」の車名で展開していた小型車は、5年半ぶりの全面刷新に合わせて、海外名の「MAZDA3」に統一。車名にブランド名を冠し、一層のブランド引き上げを狙う。

新型マツダ3にはセダンとハッチバックの2タイプを用意。価格は218万1000円〜362万1400円(税込み)。先代のアクセラは171万〜262万円だったが、先進安全装備の充実や新型エンジンの導入に伴い価格帯も引き上げた。

■デザインから走行性能まで磨き上げる

2010年に導入した「魂動(こどう)デザイン」は消費者が一目見てマツダ車と分かるブランドづくりに貢献してきたが、「日本の美意識」に基づいてさらに深化。特にこだわったのはボディ側面の造形だ。見る角度や光の当たり方次第で車の印象が変わる滑らかで複雑な造形をデザイナー、エンジニア、生産部門が一丸となって作り上げた。

さらに「人間中心のクルマづくり」や「人馬一体の走り」といったマツダの開発哲学を追求し、車の基本性能の引き上げにもこだわった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)