マツダ、新型「MAZDA3」が背負う重大使命


 
走行性能の要であるマツダ独自の「SKYACTIV」エンジンにはガソリンの1.5リットルと2.0リットル、ディーゼルの1.8リットルに加え、今回新たに「SKYACTIV X」と呼ばれる2.0リットルガソリンエンジンを追加する。

Xは低速域でも高いトルクが出るディーゼルエンジンと高速域で伸びがあるガソリンエンジンの長所を兼ね備える。燃費は現行のガソリンエンジンから最大3割改善。自社開発のマイルドハイブリッド(HV)技術を組み合わせることで、燃費の大幅改善を見込む。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)