アーモンドアイ「凱旋門賞回避」の残念な事情

アーモンドアイ「凱旋門賞回避」の残念な事情

2019年3月のドバイターフで海外GTを初制覇したアーモンドアイ(写真:REX/アフロ)

新元号「令和」となって中央競馬は春のGTシーズンを迎えている。クラシックシーズンは佳境に入った。5月26日には令和初となる競馬の祭典GT第86回日本ダービー(2400m芝)が東京競馬場で行われる。新しい元号の初代ダービー馬はどの馬になるのだろうか。

平成の最後に我々は意外なニュースに直面した。今季初戦のGTドバイターフを楽勝し海外GTを初制覇したアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が4月17日にシルク・ホースクラブのHPを通じてフランスのGT凱旋門賞(10月6日)への登録を見送ることを明らかにしたのだ。

JRAは5月16日、凱旋門賞に日本馬7頭が登録したことを発表した。そこにはもちろんアーモンドアイの名前はなかった。

凱旋門賞には史上11頭目の無敗のダービー制覇、7頭目の無敗の2冠制覇を狙うサートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、昨年の菊花賞と今年の天皇賞・春の3000m以上のGTを連勝したフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース(牡4、美浦・大竹正博厩舎)、一昨年の菊花賞馬で昨年のジャパンC2着馬キセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)のGT馬4頭とリオンリオン(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)、ロジャーバローズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、ノーワン(牝3、栗東・笹田和秀厩舎)が登録した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)