子どもの「好き嫌い」がなくならない3つの理由

子どもの「好き嫌い」がなくならない3つの理由

子どもが好き嫌いをする理由について解説します(写真:プラナ/PIXTA)

食べ物の好き嫌い、皆さんもありませんか。大人になってもなぜか避けてしまったり、においを嗅いだりするだけで鼻をつまみたくなる食べ物。例えば、人参やピーマン、ほうれん草やレバーなど……人によってさまざまな好き嫌いがあると思います。

じつは好き嫌いには根本的な原因があるのです。それは幼少期の食経験が大きく関係しています。今回のコラムでは、小さいお子様がいる方にはぜひ知ってもらいたい「好き嫌いがなくならない理由」、そして「好き嫌い予防策」をご紹介したいと思います。

■給食は残さず食べるのに…

料理家として私は日々、さまざまなお客様にコース料理やパーティー料理を作ったり、新しい料理を考えたりしています。そのベースにあるのは「給食」です。

私は12年間で計150万食以上の小学校給食を調理してきました。学校給食というのは、文部科学省から出されている「学校給食実施基準」に合わせて、さまざまな食材をバランスよく、さらにおいしく、子どもの成長をサポートするように考えられています。

子どもたちはそんな給食が大好きです。毎日の給食を楽しみに登校する子もいるくらいです。しかし家に帰ると、給食で食べているはずの物を食べなかったり、野菜を残してしまったりということがあるようです。保護者の方からも「給食は残さず食べるのに、家では食べてくれない」といった声をよく聞きます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)