デジタル社会で「管理職」が重宝される根本理由

デジタル社会で「管理職」が重宝される根本理由

デジタル時代に管理職が必要になる理由とは(写真:Greyscale/PIXTA)

デジタル・エコノミーの社会では、さまざまな仕事が分権化され、プロジェクトとして切り分けられるようになる。それに伴い、「会社は存在意義を失い、存在したとしても組織はフラット化し、管理職はいなくなる」という見方が出ている。

これに対して作家の橘玲氏は、「会社も管理職も必要とされ、その存在は当分の間維持される」と明言する。そして近著『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』で、1950年代からいち早くプロジェクト型に移行した映画産業で、今でも映画会社が大きな影響力を持ちつづけている事実を記している。今回は同書より、デジタル・エコノミーの社会での会社や管理職の役割について語った一節を紹介する。

■管理職の割合は増えている

デジタル・エコノミーの時代でも会社は存続することになるばかりか、少数のプラットフォーマーが大規模化していきます。その一方でフリーエージェントやマイクロ法人(自営業者の法人成り)のように「組織に所属しない働き方」も一般的になり、彼らはプラットフォームを使って自らの専門性と仕事をマッチングさせ、さまざまなコンテンツを流通させていくようになるのです。

『プラットフォームの経済学』の著者であるアンドリュー・マカフィーとエリック・ブリニョルフソンは、会社と同様に管理職もなくならないといいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)