アップル、タブー視されていた機能解禁の衝撃

アップル、タブー視されていた機能解禁の衝撃

「iPadOS」の新機能を紹介

アップル、タブー視されていた機能解禁の衝撃

「WWDC19」の基調講演では新しくiPad用基本ソフトウェア「iPadOS 13」が発表された(筆者撮影)

アップルは米国時間6月3日、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで年次開発者イベント「WWDC19」を開幕した。基調講演ではApple TV向け「tvOS 13」、Apple Watch向け「watchOS 6」、iPhone向け「iOS 13」、そして新製品となるMac ProとPro Display XDR、Mac向け「macOS Catalina」の順で発表した。

この中でまったく新しい存在として登場したのが、iOS 13から派生したソフトウェア「iPadOS 13」だ。

これまでiPhoneとiPadは「iOS」が動作しており、アプリの多くも共通化されていた。iPhoneとOSを共通化することでスマートフォンとタブレットを違和感なく使いこなすユーザー体験を提供し、世界最強ともいえるiPhoneアプリ開発コミュニティーをiPadでも活用できるようにしてきた。

しかしiPhoneに求められる、プライバシーやセキュリティー、健康や医療などまで扱う「よりパーソナルなパートナー」として目指すゴールと、iPadユーザーが求める「コンピューターとしての高い生産性」の間にギャップが生まれてきた。そこでアップルは、iPadをより自由に羽ばたかせるべく、iOSを派生させた「iPadOS」を提供することになった。

アップルによると、iPadOSはtvOS同様、iOSと同じ「13」のバージョンナンバーを持っており、iOS 13で導入されるダークモード追加や写真やマップの進化、「Sign In with Apple」などのセキュリティー対策、アプリサイズの低減と最大2倍のアプリ起動高速化、といった進化は共有しているという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)