大混雑の成田空港、「顔パス搭乗」は救世主か

大混雑の成田空港、「顔パス搭乗」は救世主か

空港到着後のチェックイン時に登録した顔写真を基に、手荷物預けや搭乗ゲートで「顔パス」が可能になる。NECが開発したシステムが来春、成田空港で導入される(撮影:今井康一)

空港で1度チェックインを済ませれば、後はパスポートや搭乗券をかばんにしまったまま「顔パス」で飛行機に搭乗ができる――。来春、成田空港がそんな場所に変わりそうだ。

電機大手のNECは2020年春、成田空港に顔認証システムを導入する。チェックイン時に登録された顔写真とパスポート情報、搭乗情報を基に、その後の手荷物預けや保安検査、搭乗ゲートはすべて顔認証だけで通れるようになるという仕組みだ。

■旅行客であふれる成田空港の悩み

成田空港の旅客数は2018年度に4317万人となり、4年連続で過去最高を記録。特にLCC(格安航空会社)の就航が急増している。2020年に4000万人、2030年に6000万人という訪日観光客数の政府目標に沿えば、旅客数はまだまだ増える見込みだ。だが喜んでばかりはいられない。空港側を悩ますのが、混雑の問題だ。

現在の成田空港の離発着ピークは15時〜19時。空港のあちらこちらに長い行列が散見される。今回の顔認証システムや新たな保安検査機器の導入などにより、セルフチェックインの所要時間を7分以内、保安検査を10分以内にする目標を掲げている。

運営会社・成田国際空港の濱田達也常務は、「旅客数が増える一方で既存施設の拡張は簡単ではない。今の施設でいかに処理能力を拡大するかが重要。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)