FRBの「利下げ」前提にドル、円、ユーロを展望

FRBの「利下げ」前提にドル、円、ユーロを展望

ドルは久々に大きく下落した(写真:ロイター/Dado Ruvic)

為替市場が久々に動意づいている。5月31日、アメリカのトランプ大統領が「移民流入に伴う安全保障上の脅威」を理由に、6月10日以降メキシコからの全輸入品に5%の関税を課す意向を示した。これをきっかけにアメリカ金利が急低下。連れてドルも全面安となり、その後もドル安基調が続いている。

トランプ大統領は移民流入が止まるまで関税の引き上げを段階的に続けると述べている。今回の措置についてはトランプ政権の保護主義の象徴とも言えるライトハイザー通商代表部(USTR)代表が反対したうえ、ムニューシン財務長官も金融市場の動揺を懸念し静止を試みたと報じられている。ライトハイザー代表はUSMCA(NAFTAに代わる米国・メキシコ・カナダの協定)の実施法案成立を目指し、議会での支持獲得に勤しむ立場から警告したようだ。

あくまで「移民問題であって貿易問題ではない」(マルバニー大統領首席補佐官代行)とのことだが、そもそも「関税引き上げ」と「移民流入」の間に何の関係があるのか理解しがたく、対中国同様に交渉の着地が見えづらい。移民を理由にするくらいならば、世界で2番目に大きいメキシコの対米貿易黒字を批判した方がわかりやすかったであろう。

■水準がほぼ同じの2017年9月との違い

また、時を同じくしてFRB(連邦準備制度理事会)高官から踏み込んだ発言が出たこともアメリカ金利とドルの相互連関的な下落を促している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)