「森を破壊しない」ハンバーガーはなぜ必要か

「森を破壊しない」ハンバーガーはなぜ必要か

日本マクドナルドの紙製容器にはFSCの認証マークが記載されている(撮影:梅谷秀司)

日頃ハンバーガーを食べることが、森林破壊につながっている――。それを知ったら、皆さんはどう思うだろうか。

例えばハンバーガーに欠かせない牛肉。牛を飼育する牧場開発のために、毎年世界で多くの森林が切り開かれている。ほかにも、バンズ(パン)に使われるパーム油の生産では、熱帯林の伐採が大きな問題となっているし、ハンバーガーを包む紙の多くは、木から作られたバージンパルプを原料としている。

日本では1日に450万食ものハンバーガーが消費されるといわれる。それだけの量のハンバーガーを作るために、食材の調達が無秩序に行われれば、森林への影響は計り知れない。

■「持続可能な」原料調達を推進

そんな中、一部のハンバーガーチェーンで持続可能な食材調達の取り組みが始まっている。動き出したのが、日本マクドナルドだ。ハンバーガーの包装紙および紙製容器のほぼ100%について、2018年6月時点で森林管理協議会(FSC)が認証した製品に切り替えた。認証を受けた紙は、適切に管理されている森林から切り出された木材を原料としている。

日本マクドナルドは店舗で使用しているパーム油についても、2015年から「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」が認証した製品への切り替えを推進。フライオイルについては2018年末時点でそのすべてがRSPO認証品になった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)