ドイツ政権崩壊へのカウントダウンが始まった

ドイツ政権崩壊へのカウントダウンが始まった

秋以降に連立解消・総選挙か。メルケル首相の辞任も早まる恐れ(写真:REUTERS/Fabrizio Bensch)

欧州の要、ドイツの政治安定が揺らぎ始めている。中道右派のキリスト教民主/社会同盟(CDU/CSU)と中道左派の社会民主党(SPD)の2大政党による大連立政権が再び崩壊の危機に瀕している。

大連立への参加で独自色の発揮に苦慮しているSPDは、昨年4月にアンドレア・ナーレス元労働・社会相を初の女性党首に選出し、党の再建を託してきた。だが、ナーレス党首の就任後もSPDの党勢凋落に歯止めが掛からずにいる。先の欧州議会選挙での同党の得票率は15.8%と実に1887年以来の歴史的な低水準を記録し、全国区の選挙では第2次大戦後で初めて第3党に転落した。同日行われた自由ハンザ都市ブレーメンの州議会選挙でも70年以上にわたって維持してきた第1党の座を明け渡した。

こうした選挙戦の敗北を受け、ナーレス党首は自身が務める党議員代表の選出手続き(信任投票)を4日に前倒しで行うと発表し、党内の不満の声を鎮めようとした。だが、その後に党幹部との協議の結果、もはや党内で十分な支持が得られないことが明らかになったとし、2日には党首と党議員代表をともに辞任することを表明した。

■苦戦のSPDに代わって躍進する「同盟90・緑の党」

ナーレス氏は大連立への参加をめぐって意見が割れる党内をこれまでまとめてきた人物だ。同氏の辞任により、連立解消を求める党内の左派勢力が勢いを増すことは避けられない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)