介護にこそ「AIが必要」と経験者が確信するワケ

介護にこそ「AIが必要」と経験者が確信するワケ

「AIスピーカー」がシニアの救世主となる?(写真:lucadp/iStock)

介護の世界にこそITを――。そう提言するのは、84歳の現役プログラマーとして知られる若宮正子さん。

若宮さんは81歳のときにスマートフォン向けゲームアプリ「hinadan」を開発。米アップル本社の世界開発者会議に招待され、ティム・クックCEOに絶賛されたことで一躍脚光を浴びた。母親の介護も通して感じた、介護の世界におけるITの可能性とは。

(本記事は若宮さんの著書『独学のススメ』から一部を抜粋し、加筆修正したものです)

■徘徊する認知症の母を介護して

定年退職してから70歳まで、在宅で母親の介護をしていました。施設にお任せする選択肢がなかったわけではありません。でも、今では自分で介護をしてよかったと思っています。もっとも、うちの母は小柄な人でしたし苦痛を伴うような病気は持っていませんでしたから、介護がそんなに大変ではなかったと思えるのかもしれませんが。

介護中、「この業界はまだまだ改善の余地がある」と思っていました。大きな課題は、IT化、「とくに情報の共有化」がほとんど進んでいないこと。ケアマネジャーさんやその他デイサービスの担当者などに、母の感染症の検査結果などをお伝えするなんてときには、それぞれに電話をかけなければいけなかったんです。

関係者内のメーリングリストや、LINEなどのコミュニケーションツールでグループを作れば、一度送るだけでいっぺんに共有完了です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)