テレビで似たり寄ったりな番組ばかり見る理由

テレビで似たり寄ったりな番組ばかり見る理由

今なお絶大な影響力を持つテレビ界の抱える課題とは?(撮影:今井康一、尾形文繁)

元日本テレビ放送網のヒットメーカーが、テレビ界の内幕を描いたフィクション小説を書き上げた。新米テレビマンを主人公として1999〜2016年までの民放テレビ局をモデルにした企業小説『泥の中を泳げ。-テレビマン佐藤玄一郎-』だ。その著者、吉川圭三氏が小説の世界でも描いた、今のテレビ界に蔓延する「視聴率至上主義」の弊害をリアルに指摘する。

■昔のテレビ局にはなかった「張り紙」

民放テレビ局で受け付けを済ませ、厳しいセキュリティーゲートを越えて中に入ると、そこかしこに貼られているたくさんの紙が目につく。そこには前日放送された番組や著しい成績を挙げた番組のタイトルと視聴率の数字が赤い縁取りで、すべてのテレビ局員やスタッフや関係者を鼓舞するように書かれている。

この紙は視聴率が悪い場合には出ないが、いい場合には必ず貼ってある。そして、調子のいいテレビ局では週の頭の月曜日に「4冠王獲得!」(ゴールデンタイム、プライムタイム、全日、ノンプライムの各時間帯)などと誇らしげに大きく掲示される。

私は日本テレビ放送網を定年退職後、ほとんどのテレビ局に出入りしているが、このような貼り紙はNHKを除き、民放各局すべて例外なく各所で見かける。時にこの数字はスポーツ紙の芸能欄などにも「今週の週間視聴率ベスト20」とか「NHKの大河ドラマやフジテレビの月9ドラマが10%を割った」と、高視聴率でも低視聴率でもまるで大事件のように取り上げられる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)