今秋、iPhoneは新「iOS 13」でさらに賢くなる

今秋、iPhoneは新「iOS 13」でさらに賢くなる

6月3日、アップルの開発者向けイベント「WWDC19」でiOS 13を紹介するシニアバイスプレジデントのクレイグ・フェデリギ氏(筆者撮影)

アップルがアメリカ時間6月3日にカリフォルニア州サンノゼで開催した年次開発者イベント「WWDC19」は、例年アップルデバイス向けの最新ソフトウェアが披露され、開発者に新しい魅力的なアプリ開発を行う刺激とモチベーションを与え、そしてビジネスの可能性を感じさせる場だ。

その中で最も活発にアプリが開発され、またアップルのビジネスとしても最大のiPhone向けのソフトウェア「iOS 13」には、開発者のみならず多くのユーザーからも注目が集まる。開発者プレビューは即日、一般向けプレビューは7月に公開され、正式版は今秋公開される予定だ。

なお対応するiPhoneは、A9を搭載する2015年発売のiPhone 6s以降の各モデルと先日発売されたiPod touch(第7世代)となる。iPhone 6シリーズやiPhone 5sは、iOS 12が最終バージョンとなる。

アップルはこれまでも、古いデバイスでのパフォーマンス向上を目指してきたが、iOS 13ではアプリサイズを約半分にしてダウンロードの高速化を図り、またアプリの起動も最大2倍にするなど、引き続きアップルが環境対策として掲げる『長持ち』性能を実現するチューニングが施されている。

■注目の新機能は「ダークモード」だけではない

iOS 13で最も注目を集めた新機能に、ダークモードがあった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)