東芝が復活を賭ける「地味な稼ぎ頭」の正体

東芝が復活を賭ける「地味な稼ぎ頭」の正体

すべてクリーンルームになっている加賀東芝エレクトロニクスの製造ライン(写真:東芝デバイス&ストレージ)

同じ東芝の半導体事業で、業績の明暗が大きく分かれている。

東芝は2018年6月に、虎の子だった半導体メモリ事業「東芝メモリ」を売却した。当時は東芝の営業利益の大半を占めており、反対の声も少なくなかったが、データセンターやスマホ向けなどでメモリの需要が落ち込み、東芝メモリホールディングスは2019年1〜3月期に連結営業損益が284億円の赤字に転落した。その一方、東芝に残った半導体事業の一部は底堅く推移している。

東京・羽田空港から約1時間。小松空港から車で約30分走ると、最先端工場が集まる約23万平方メートルの広大な敷地が見えてくる。東芝のディスクリート(単機能)半導体製造拠点の総本山、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)だ。ここ数年、この旗艦工場では24時間のフル稼働状態が続いている。

■自動車向けパワー半導体が牽引

特に好調なのがパワー半導体と呼ばれる製品群だ。交流と直流など、電力を制御・変換するスイッチのような役割をする半導体で、LSI(大規模集積回路)のようにさまざまな半導体を組み合わせた複雑な機能や大きな容量を記憶する機能はない。人体にたとえると、LSIの一種であるメモリやCPUが頭脳であるのに対して、パワー半導体は実際に手足を動かす筋肉や心臓に近い。

パワー半導体の中でも牽引役は自動車向けだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)