JR中央線と京王線、着席通勤ならどちらを選ぶ?

JR中央線と京王線、着席通勤ならどちらを選ぶ?

JR東日本の特急「はちおうじ」(左)と京王電鉄の「京王ライナー」(写真:ゴスペル/PIXTA)

東京都心(本稿では、池袋・新宿・渋谷・東京など「東京山手線内」の駅とする)と多摩地区を結ぶ着席保証列車が年々充実化の動きを見せている。

京王線や西武新宿・拝島線では長らく、東京都心―多摩地区間で利用できる着席保証列車は存在しなかったが、2013年3月16日に西武新宿線特急「小江戸」が東村山(東京都東村山市)への停車を開始したことを皮切りに、2018年に入り、京王線・京王相模原線「京王ライナー」が2月22日に、西武新宿・拝島線「拝島ライナー」が3月10日にそれぞれ運行を開始。都心と多摩地区を結ぶ着席保証列車の運行区間は、JR中央本線・青梅線、小田急小田原線、京王線・京王相模原線、西武新宿・拝島線の4系統を数えるまでになった。

なお、2018年12月14日からは、東急大井町線大井町―田園都市線長津田間で有料座席指定「Qシート」も始まったが、多摩地区へ向かうには、JR南武線やJR横浜線に乗り継ぐ必要がある。

■「はちおうじ」vs「京王ライナー」

今回はその中でも、新宿―八王子間で競合するJR東日本の「はちおうじ」と、京王電鉄の「京王ライナー」に焦点を当てる。

2017年度のJR東日本中央本線(快速)の最混雑区間は中野→新宿(混雑率184%)、最混雑時間帯は平日午前7時55分〜8時55分である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)