ブロンコビリー「南米産牛肉」投入を急いだ理由

ブロンコビリー「南米産牛肉」投入を急いだ理由

郊外のロードサイドに出店するブロンコビリー。週末には駐車場がいっぱいになる(撮影:今井康一)

「お席にご案内する前に、新商品の紹介をさせてください」。6月初旬、都内にあるステーキハウス「ブロンコビリー」の店舗を訪れたところ、ホール案内係の若い男性スタッフがいきなりそう切り出した。このスタッフが強調したのは、「ウルグアイ産牛肉」の魅力だった。

説明が終わってようやく席に着くと、通常のグランドメニューのほかに、ウルグアイ牛のステーキをアピールするシートも置かれていた。ブロンコビリーが目下、ウルグアイ牛の展開に力を入れていることは明白だった。

■19年ぶりに輸入解禁

1978年に名古屋市で「ブロンコ」として発祥したブロンコビリーは、炭で焼いたステーキや季節ごとのサラダバーなどを看板商品に、高級路線を打ち出してきた。5月20日時点で国内に136店舗を構え、地盤の中部地区を中心に現在は関東圏や関西圏へも出店を進める。

このブロンコビリーは5月27日、南米・ウルグアイ産の牛肉を使用した商品の販売を開始した。ウルグアイ牛を使用するのは、国内の外食チェーンでは初めて。2000年に口蹄疫が発生して以来、輸入が禁止されていたウルグアイ牛だが、今年に入り19年ぶりに輸入が解禁されたため、ブロンコビリーが真っ先に取り扱いを始めた。

「これまでたくさん牛肉を食べ比べてきたが、ウルグアイ産は赤身がギュッと詰まっていて驚いた」。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)