フランスで100万部「女の生き辛さ」わかる小説

フランスで100万部「女の生き辛さ」わかる小説

女性の生き辛さや葛藤、闘う姿を描いた小説は女性だけでなく、男性からも共感を得ている(写真:martin-dm/iStock)

それぞれ暮らす国も年齢も立場も異なる3人の女性の生き方を描いた小説『三つ編み』。フランスでは100万部を超すベストセラーとなった同作は、32言語に翻訳され、各国で話題になっている。フェミニズム小説でありながら、世界の男性からも「この本を読んで妻のためにフェミニストになった」「女性がこんなに苦労しているとは。世界は変わるべき時が来ている」と共感を集めているという。

物語はインド、イタリア、カナダで繰り広げられる。登場するのは、他人の糞便を素手で拾い集める「スカベンジャー」として生きながらえながら幼い娘の将来を憂えるスミタ、イタリア・シチリアで父親の家業であるかつら製造工業を継ごうとするジュリア、そして、カナダ・モントリオールで辣腕弁護士として活躍しながらも病に冒されるシングルマザー、サラという女性たちだ。抱える問題は3人3様だが、読み手は彼女たちが女性でなければおそらく直面しない壁にぶち当たる場面に何度も遭遇する。もがきながら前に進む彼女たちは、最後に思わぬ絆で結ばれる……。

■危険な環境に身を置いているインド人女性

著者のフランス人のレティシア・コロンバニ氏は、『アメリ』で知られるオドレイ・トトゥ主演の『愛してる、愛してない…』などを撮った映画監督であり、脚本家、女優でもある。映画監督として成功しているコロンバニ氏は、初の小説を1年半かけて執筆した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)