大赤字の吉野家は果たして復活できるのか?

大赤字の吉野家は果たして復活できるのか?

赤字に陥ってしまった吉野家。カリスマ投資家の内田氏は、同社は十分復活できると考えているようだ(編集部撮影)

再び日経平均株価は2万円を割れてしまうのだろうか。かねてから「警戒モード」に入っていたカリスマ投資家の内田衛氏は複数の株主総会に出向きながら、時折少しばかりトレード。どうやら、この先の株価は下落する可能性が高いと考えているようだ。早速、株日記で内田氏の相場感を見てみよう。

■業績が厳しい吉野家の株主総会へ行く

【5月20日 月曜日】先週末の日経225先物は、50円安の2万1220円、NYダウは、98ドル安の2万5764ドル。1ドル=110.02円、1ユーロ=122.79円。クレジットカード大手のジャックス(8584)が、15日の決算発表をきっかけに3日続伸、26円高の1954円となり、高値65円高の1993円まであり、年初来高値更新。高値では期末配当40円を考慮してようやくほぼ含み損解消。5万5000株保有中。GDPが2期連続のプラス成長(実質2.1%増)との報道で、日経平均株価は、51円高の2万1301円と続伸した。

【5月21日 火曜日】日経225先物は、160円安の2万1150円、NYダウは、84ドル安の2万5679ドル。携帯電話のソフトバンク(9434)は、19.5円高の1439.5円と続伸。10時28分には、1445円の高値を付け、期末配当37.5円を考慮すると、1482.5円と売り出し価格の1500円まであと17.5円までに近づいてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)