「テラハ」が教える新しい「一つ屋根の下」の関係

「テラハ」が教える新しい「一つ屋根の下」の関係

人気番組「テラハ」から日本人の恋愛観の変化を読み解きます(写真:andresr/iStock)

ひょんなことから共同生活を送ることになった男女が、いつしか引かれ合う。こうした王道的筋書を期待させるテレビ番組「テラハ」は、実はそんな既成概念を覆す、新しい男女の関係を映し出している。戦後日本の結婚や夫婦のあり方について独自の考察を『日本婚活思想史序説』にまとめた筆者が、「テラハ」から日本人の恋愛観の変化を読み解く。

■そこ、共用スペースなんですけど…

「テラスハウス」、通称「テラハ」。見知らぬ計6人の男女が海の見える一軒家でルームシェアをする、リアリティーバラエティー番組だ。

かつてフジテレビ系列で放送されて好評を博し、番組からはギャルモデル・今井華やモデルの筧美和子などの番組参加者がブレイクし、2015年からは飛ぶ鳥を落とす勢いの動画配信サービス「ネットフリックス」で新たなシーズンが配信されている。

そのハワイ編(2016年配信)、ともに20歳のプロサーファー・魁(がい)とお嬢様女子大生・仁希(にき)が一緒に横になってビデオを見ようと、彼が後ろから体を寄せるシーンが登場する。

わが家ではキャーキャーシャーシャー、集まった友人たちが黄色い声で、少し進めては巻き戻し、少し進めてはまた巻き戻し、どちらが初めのアクションを起こしたか厳密な検討に入っていたのだが、それはさておき、こちらとして気になるのはただ一点。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)