プラスチック汚染が人類の未来に影落とす根拠



日本においても、ようやくプラスチック製のストローから紙製や生分解性プラスチックなどの代替品に切り替える飲食店が出てきています。その流れは重要なはじめの一歩といえます。しかし、行政機関は「プラごみは燃やして処理するのがよい」と考え、消費者は「リサイクルされている」と誤解しています。

■プラスチック汚染は将来への負の遺産

また、プラスチックを飲食に多用すると、有害化学物質にさらされることが、ほとんど意識されていない点、報道されない点も大きな問題だと思います。その点で、プラスチックに含まれる化学物質について触れた本書の出版はタイムリーだと思います。

プラスチック汚染でいちばん問題なのは、プラスチックが生物によっては分解されずに、細かくなり数を増やしながら、環境中に数十年以上残留する、将来の世代への負の遺産であるという点です。若い世代、そして彼らの先の世代の問題なのです。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)