アップル「匿名認証機能」がもたらす巨大衝撃

アップル「匿名認証機能」がもたらす巨大衝撃

6月3日に開催された「WWDC19」で発表された「Sign In with Apple」について解説する(筆者撮影)

カリフォルニア州サンノゼ市で6月3〜7日(アメリカ時間)に開催されたアップルの開発者向け会議「WWDC19」では、同社のさまざまな製品の基礎となる技術の更新が発表された。表面的には製品ジャンルごとの改良が主なニュースだが、ネットを通じたビジネスという観点では「Sign In with Apple」と名付けられた匿名ログインの仕組みが、極めて大きな影響を与える可能性がある。

■サービス登録の半自動化を実現

「Sign In with Apple」は、iPhoneやiPad、Macなどを使う際に必須となるApple IDを用いることで、多様なネットワークサービスに自動登録、自動ログインする仕組みだ。

アプリを利用する際、特定のクラウド型サービスへの登録が求められることは多い。独自IDで管理する場合もあるが、登録を簡素化するためにフェイスブックやグーグルなどが提供する認証サービス(一般にシングルサインオンと呼ばれている仕組み)を利用することも多い。

「Sign In with Apple」は、そうしたシングルサインオンの一種だが、ほぼ完全な匿名性を提供するという点が異なる。異なるというよりも、他社とは真逆の方向を向いている。

アプリやサービスの利用開始時に「Sign In with Apple」を選択すると、iPhone/iPadでは、顔認証のFace ID、指紋認証のTouch IDを通じて個人認証を通過すると、自動的にサービスへの登録が行える。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)