「新ピンポン外交」に陥った米中貿易摩擦

「新ピンポン外交」に陥った米中貿易摩擦

解決は首脳同士の会談によるしかない。写真は2017年9月(写真:REUTERS/Damir Sagolj)

5月第2週にアメリカのトランプ大統領が発信した通商交渉における中国批判と関税引き上げに関するツイート以降、米中貿易摩擦は新たな段階に入ったといえる。トランプ大統領は側近の助言によって交渉妥結を先送りしたとされるが、妥結間近であった交渉が後退した理由についてアメリカ側と中国側の見解は異なり、さまざまな憶測もあって、その真相は不明だ。

昨年9月のように予定されていた中国交渉団の訪米が直前で取りやめられるといった事態にまで発展せず、双方が交渉を継続する意思を示したことだけは救いだ。とはいえ、不意打ちされた渡米前の中国交渉団は新たな展開の中、アメリカ側と新たな妥協策を交渉する準備もなかったという。その後、早期の交渉妥結はますます難しくなり、妥結自体にも悲観的な見方が出てきている。

アメリカは通商法301条に基づく中国からの輸入2000億ドル相当に対する追加関税「第3弾」の税率を10%から25%に引き上げ、残りの3000億ドルに対する追加関税「第4弾」についても対象品目リストを発表した。さらに、トランプ大統領は、商務省の許可なしでは輸出を禁じる措置対象の「エンティティリスト」にファーウェイ(華為技術)を追加するとともに、ファーウェイをはじめとする中国企業を想定し、国家安全保障上リスクを生じる通信機器を在米企業が使用することを禁止する大統領令に署名している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)