「契約金泥棒」の斉藤和巳がエースになれた理由

「契約金泥棒」の斉藤和巳がエースになれた理由

対オリックス戦に先発したソフトバンクの斉藤和巳投手(当時)、2006年8月(写真:共同通信社)

プロ野球は、毎年100人がクビになり、入れ替わりにルーキーが100人入ってくるシビアな世界だ。大学、社会人の選手なら即戦力になること、高校生ならば将来のチームを背負うことが期待される。

ドラフト会議で1位指名される選手は当然、厳しい目で選別される。プロのスカウトも、チーム編成の責任者も野球の目利きだ。しかし、必ずしも彼らの見立てが正しいとは限らない。鳴り物入りで入団しながらも、数年でユニフォームを脱ぐ選手は数え切れないほどいる。

有望選手がドラフト1位指名されながら期待を裏切り、あっけなく消えてしまうのはなぜなのか? そこにはいくつかのパターンがある。

自らの才能を過信し、努力を怠る。
故障に見舞われ、本来のパフォーマンスができなくなる。
ライバルとの戦いに敗れてチャンスを失う。
練習態度や素行が悪くて、首脳陣に信用されなくなる。

それぞれの複合型もある。

野球の目利きであっても、ドラフト指名の段階で、1位選手の「未来」まではわからない。

1995年ドラフト会議で福岡ダイエーホークス(現・ソフトバンク)に1位指名された斉藤和巳は、高校時代には無名だった。甲子園出場経験はなし。

3年夏の京都大会準々決勝で5回コールド負けを喫している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)