インドネシア版「Suica」はQR決済に勝てるか

インドネシア版「Suica」はQR決済に勝てるか

MRTJの自動改札機。日本のようにゲートが開いたままだが、乗客はカードをタッチするために一時停止している(筆者撮影)

今年3月、東南アジア最大級といわれる輸送機器関係の総合見本市「インドネシア国際交通ショー」がジャカルタで開催された。このショーはインドネシアや中国を中心とするバス・トラック・特殊車両、また二輪・四輪の車両部品メーカーが出展するが、一昨年から鉄道関連企業の集まるエリアも加わった。

鉄道関連は、中国中車やインドネシア国営車両製造(INKA)を筆頭に、信号や土木関係などのメーカーが目立つ中、今年は日本の交通系電子マネーを席券する「フェリカ」の開発元であるソニーが初出展した。

フェリカはインドネシアでも交通系ICカードとして採用が広がり、今年4月に開業したジャカルタ初の地下鉄、MRTJ南北線でも採用。今後は電子マネーとしての展開に向けた整備も進む予定だ。一方で、市中では新たな交通手段として、すっかり定着した配車アプリの事業者によるQRコード決済が急速に利用者を増やしている。

インドネシアにおける交通系ICカード、また当地におけるキャッシュレス決済の現状をリポートする。

■フェリカ採用に至った理由は?

「フェリカは、2015年からインドネシア通勤鉄道(KCI)のストアードフェア式ICカード『KMT』に導入され、ジャカルタ地下鉄公社(MRTJ)にも採用いただいた。今後開業予定のLRTジャカルタにも納入予定です」。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)