デキる人は「お金に換算」して提案を通している

デキる人は「お金に換算」して提案を通している

具体的なコストや利益をプレゼンすることで、提案はぐっと通りやすくなります(写真:kukai/iStock)

出世や起業などを目指すビジネスマンに必要なのは“数字で考える力”。「数字で考える」習慣をつけることで、「説得力」や「伝える力」が向上し、「儲けるセンス」がある人材になるというのは、事業執行や事業開発、マーケティングを専門とする中尾 隆一郎氏です。“数字のプロフェッショナル”である中尾氏に、効果的な数字の使い方を聞きました。

■お金に換算すると経営者は動く

儲けるセンスを高めるにはどうすればいいか。最大のポイントは「経営者の視点を意識すること」です。

経営者は利益で物事を見ています。会社の無駄などがあった場合に、それを「お金」に換算して説明すると正当な判断をしてもらえる可能性が高まります。これは経営者に限ったことではありませんが、特に経営者では有効です。

会社にはたくさんの無駄があります。一例を挙げると、資料作成や会議。ただし、それに対して無駄な資料を作るな、無駄な会議をするな、と言っても人は動きません。そこで、お金に換算して無駄を「見える化」してみましょう。するとROI(費用対効果)が明確になります。結果、人は無駄を削減しようと考え出すのです。つまり行動が変容しやすくなるのです。

例えば、年収400万円の従業員Aさんがいます。計算を簡単にするために年間労働時間を2000時間とします。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)