人類は「破壊」でしか平等化できないのか

人類は「破壊」でしか平等化できないのか

有史以来、貧富の差を縮めることに大きな役割を果たしたのは、暴力的な衝撃だという。戦争・革命なしに、平和的に平等化を実現することはできないのだろうか?(写真:RomoloTavani/iStock)

アメリカで最も裕福な20人は現在、アメリカの下位半分の世帯すべてをまとめたのと同等の資産を保有しているという。欧州や旧ソ連、中国、インドなどでも所得と富の配分はますます不均衡になっている。

古代史を専門とし『暴力と不平等の人類史』を上梓したスタンフォード大学教授のウォルター・シャイデルは、今後も格差は拡大していくと指摘している。また、歴史的に不平等を是正してきたのは、「戦争・革命・崩壊・疫病」という4つの衝撃だけであることを明らかにし、今後の世界に警鐘を鳴らしている。

20世紀の現象である戦争・革命なしに、平和的に平等化を実現することはできないのか? 今回、『暴力と不平等の人類史』から一部抜粋してお届けする。

■平等は破壊の後にやってくる

数千年にわたり、文明のおかげで平和裏に平等化が進んだことはなかった。さまざまな社会のさまざまな発展段階において、社会が安定すると経済的不平等が拡大したのだ。

古代エジプトであれヴィクトリア朝時代のイギリスであれ、ローマ帝国であれアメリカ合衆国であれ、それは変わらなかった。既存の秩序を破壊し、所得と富の分配の偏りを均(なら)し、貧富の差を縮めることに何より大きな役割を果たしたのは、暴力的な衝撃だった。

有史以来、最も力強い平等化は最も力強い衝撃の帰結であるのが常だった。不平等を是正してきた暴力的破壊には4つの種類がある。すなわち、大量動員戦争、変革的革命、国家の破綻、致死的伝染病の大流行だ。

これらを「平等化の四騎士」と呼ぶことにしよう。聖書に登場する四騎士と同じく、これらの四騎士は「地上から平和を奪い取り」「剣によって、飢餓によって、死によって、地上の獣によって人間を殺す」ために現れた。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)