相手との距離をスッと縮める人の"絶妙な言動"

相手との距離をスッと縮める人の"絶妙な言動"

会議や打ち合わせの際、ノートパソコンはどのように置いていますか? ちょっとしたことで相手との距離がぐっと縮まるテクニックを紹介(写真:Kazpon/PIXTA)

相手との距離を縮めたいと思っているのに、縮まらない――。そう感じたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

いったい、どうしたらいいのか。長崎大学でスピーチやコミュニケーションについて教えており、『大人の伝え方ノート 一言で「人間関係」はガラッと変わる!』の著者である矢野香さんに、いつの間にか相手と信頼関係を築けるテクニックを紹介してもらいました。

こんにちは、矢野香です。NHKでキャスターを務めたのち、現在は大学教員として心理学、主に人から評価される話し方や、人の印象がどう決まるのか、などコミュニケーションについて研究しています。

■良好な人間関係を築く「暗示」効果とは

ビジネスパーソンであれば「マナー研修」を受けたことがある方もいらっしゃるかもしれません。敬語はこう、姿勢はこうで、名刺交換はこんなふうにやって、と事細かく教えられ、苦手意識をもったという話も聞きます。

確かにそうしたマナーは覚えておくに越したことはありません。しかし、今教えてもらっているマナーは、本当にあなたの人間関係に望む結果をもたらしたでしょうか?

本当に大事なのは、実は「マナー以上の伝え方」なのです。

例えば、少しマナーが崩れていても、「なんか感じのいい人だな」「また会いたいな」と思わせる人もいれば、しっかりとマナーを守っていても、もうこれっきりという人もいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)