フィリピンに留学する人が増え続けている理由

フィリピンに留学する人が増え続けている理由

フィリピンの中でも、短期留学先として人気のあるのがセブ島だ(写真:りーふ/PIXTA)

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)が発表した最新の日本人留学生数調査によると、フィリピンへの語学留学生の数が、イギリスを抜きアメリカ、オーストラリア、カナダに次ぐ4位となりました。アメリカ、オーストラリアへの留学生が大きく減少したのに対し、フィリピンへ留学する人の数は増加。2016年の3918人から6238人と、約1.6倍に膨らみました。

筆者は10年前からフィリピンのセブ島でオンライン英会話も展開する英会話学校を経営しています。セブ島では年間5000人の留学生を受け入れ、オンライン英会話では2万人が勉強しています。なぜ、フィリピン留学だけが急成長しているのか、フィリピン留学の経験とオンライン英会話の数字から探ってみました。

■フィリピン留学3つの特徴

フィリピンの留学が伸びているのには、3つの理由があります。1つは日本から4〜5時間で行ける英語が公用語の国で、なおかつ日本から直行便が多く飛んでいるという立地的な理由です。2つ目は、アメリカ、オーストラリア、カナダの留学と比べると、生活費まで含めて半額以下の料金で留学できるというコストの安さ。

そして3つ目は、ほかの留学先と比べて人件費が安いため、レベルや目的に合わせたオーダーメイドの授業をマンツーマンレッスンで学べるという点です。

フィリピンに来る留学生のうち7〜8割がセブ島に来ています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)