iPhone新OSで実現「仕事で使える」3つの機能

iPhone新OSで実現「仕事で使える」3つの機能

「WWDC」を取材した情報をもとに、「iOS 13」のオススメ機能を3つに絞って紹介していく。写真はWWDCの会場、カリフォルニア州サンノゼのサンノゼマッケンナリー会議センター(筆者撮影)

6月3〜7日の5日間にわたり、アメリカのカリフォルニア州サンノゼでアップルの開発者向けイベントである「WWDC」が開催された。

このイベントの基調講演では、iPhoneに搭載されるiOSの新バージョンである「iOS 13」が発表されたほか、iPad向けのOSがiOSから独立し、「iPadOS」になることも明かされた。また、Apple Watchにも、iPhone不要でアプリをインストールできるApp Storeが加わる。次期macOSではiTunesも廃止され、各コンテンツの管理は「Music」「TV」「Podcast」の3アプリに引き継がれることも、大きな話題になった。

OSのパフォーマンス向上や、適用できるiPhoneの幅の広さがアピールされた昨年の「iOS 12」とは異なり、「iOS 13」は新機能のオンパレード。ファイルアプリが刷新されるほか、リマインダーの使い勝手も刷新される。ビジネスに役立つ機能という点では、マップアプリの改善も大きな話題といえそうだ。

今回は連載の“特別編”として、現地で取材した情報をもとに、「iOS 13」のオススメ機能を3つに絞って紹介していきたい。

■ファイルの受け渡しが簡単に、外部メモリにも対応

WWDCの基調講演ではiPadOS向けの新機能として、時間を割いて紹介されたが、「iOS 13」でもファイルアプリが刷新される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)