関西人36歳女性が「笑えない夫」を選んだ理由

関西人36歳女性が「笑えない夫」を選んだ理由

関西人の妻と「笑えない夫」の意外な相性とは…(イラスト:堀江篤史)

品川駅から少し歩いたところの住宅地にある、インド料理店に来ている。本格的なビリヤニやカレーを出すお店だ。エスニック好きだという岡田恵さん(仮名、36歳)に店の情報をメールで伝えると、<インド料理!!どストライクですーー!!お目にかかることを楽しみにしております>と、ハイテンションで感じのいい返信。夫の直樹さん(仮名、33歳)と一緒に来てくれるらしい。

恵さんはボブカットの色白美人で、愛嬌のある笑顔とハキハキとした受け答えが印象的だ。一方の直樹さんは、細身で優しげな雰囲気。緊張しているのか声は小さめだ。

昨年の冬に結婚したばかりの2人。本連載では35歳以上で結婚した人を「晩婚さん」と定義している。直樹さんはオブザーバーになってもらい、恵さんの話を中心に聞くことにしよう。

■異性と奔放に付き合っていた学生時代

「私はサバサバとして明るい女性に見られがちなのですが、実はナイーブだと自覚しています。独身時代はずっと寂しくて、婚活がうまくいかなかった頃の悪夢を今でも見るぐらいです。『あの人ともダメだった。持ち駒ゼロ! 私は一生結婚できない』と絶望しているところを夢の中で繰り返し見てしまうんです」

タンドリーチキンをうれしそうに食べながら、自らの性格と心情を赤裸々に語ってくれる恵さん。仕事は医療関連の専門職だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)