生ける屍「ゾンビ」の奥深さを知っていますか

生ける屍「ゾンビ」の奥深さを知っていますか

いまやホラー映画では鉄板となっている「ゾンビ」。その軌跡をたどると、意外な起源がありました(写真:inhauscreative/iStock)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ゾンビ」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まで。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

01. 「ゾンビ」とは、何らかの力によって死体から蘇った人間の総称。〈生ける屍〉とも表現されることがある。

02. 小説、映画、ゲーム等でホラーやファンタジー作品に登場し、腐敗死体が歩き回る形で描写されることが多い。

03. ゾンビという呼び名は、コンゴで信仰されている神「ンザンビ(Nzambi=不思議な力を持つ者)」に由来する。

04. それが15世紀以降の奴隷貿易によって中米や西インド諸島に伝わり「ゾンビ」に変化したといわれている。

05. ゾンビの起源は、西アフリカのベナンやカリブ海のハイチ等で信仰されている民間信仰・ブードゥ教にある。

06. ブードゥ教には教義、教典、教団がなく、踊りや動物の生贄、神が乗り移る神がかりといった儀式からなる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)