「お金をかけずに遊ぶ」スウェーデン人の休み方

「お金をかけずに遊ぶ」スウェーデン人の休み方

働き方改革を推奨するのであれば、休み方についても考える必要があるのではないでしょうか(写真:Kavalenkau Pavel/PIXTA)

「日本人は休み方がヘタ」という言葉をしばしば聞きます。せっかく休みがあっても、することがわからなかったり、いろいろやりすぎてかえって疲れたり……。そろそろ夏休みの時期がやってきますが、休みを有効に、そして楽しく過ごすにはどうすればいいのでしょうか。『fika 世界一幸せな北欧の休み方・働き方』の著者で、スウェーデンなど北欧事情に詳しい芳子ビューエル氏が、スウェーデン人の休み方を伝授します。

■スウェーデンの「フィーカ」とは何か

日本では目下、働き方改革が大きくクローズアップされていますが、よく聞く声として、「休みが多くなったら、どうやって時間を過ごせばいいのかわからない」というものがあります。4月下旬から5月上旬の10連休では「やることがないから早く働きたい」という声さえありました。今の日本で働き方改革を推奨するのであれば、休み方についても考える必要があるのではないでしょうか。

スウェーデンには「fika(フィーカ)」という文化があります。家庭でも職場でも頻繁に仲間とコーヒーを飲みながら会話を楽しみ、コミュニケーションを取り合いながら、休息を取り気分転換するというもので、これによって生産性も上がるともいわれています。そんな「休息」を大事にするスウェーデンの人々はどんな休み方をするのでしょうか。

スウェーデンの場合、ほかの北欧の国々とほぼ同じ時期になりますが、6月末に学校が休みに入る頃から7月に、皆こぞって夏休みを取ります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)