動物好きでも知らないキリンの意外すぎる寝姿

動物好きでも知らないキリンの意外すぎる寝姿

普段なかなか知ることができない動物たちの意外な素顔をマンガで紹介(写真:Byrdyak/iStock)

子どもから大人まで幅広く人気の動物園。最近では趣向を凝らした展示方法やさまざまな体験ができる動物園が数多くあります。しかし、私たちが動物園で見ている動物の姿は、ほんの一部にしかすぎません。

動物オタクの漫画家・メセグリン著、上野動物園元園長・小宮輝之監修のマンガ『もしもキリンと恋に落ちたら デートでわかるどうぶつ図鑑』から、普段なかなか知ることができない動物たちの意外な素顔をご紹介します。

私が動物園に就職した頃、当時は宿直といって週に1〜2日は泊まり込みで園内の見回りをしていました。この宿直経験で感じたこと、それは動物たちも人間と同じで8時間勤務なのだということでした。

動物園が閉まってからの残りの16時間は、お客さんも職員もいない、動物たちの自由な時間だったからです。私にとってこの時間は、動物たちの本来の姿、自然な姿を観察できるすばらしいひと時でした。

今回監修を務めた『もしもキリンと恋に落ちたら デートでわかるどうぶつ図鑑』は、漫画家のメセグリンさんによって描かれた、「主人公のタカシくんがさまざまな動物の女の子とデートする中で、動物たちの意外な生態がわかる本」です。

私自身、昼間の飼育の仕事は自分の担当動物だけが相手ですが、宿直の日は、担当していないいろいろな動物たちと顔を合わせることができました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)