「女子は資格職が一番」と今なお考える親たちへ

「女子は資格職が一番」と今なお考える親たちへ

専門性や資格を問われる仕事は依然として女性に人気です。しかしその選択肢は、いま変わりつつあります(写真:Fast&Slow/PIXTA)

長い間、女性が一定の収入を得ようとすれば、専門的な技術、資格を持つべきとされてきた。

「手に職」という言葉があるが、教員、司書、学芸員、幼稚園教諭、薬剤師、看護師、臨床検査士、管理栄養士、保育士、不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナー、などの資格は女性に人気である。

近年、女子大はこうした資格を取れる学科を設置し、女子学生を引き付けてきた。結婚・出産で仕事を辞めても、こうした資格があれば、再就職も可能かもしれないと考える保護者や学生たちのニーズに対応してのことだ。

こうした資格にひもづく職種は、どんな仕事をするかが具体的にイメージしやすい。将来どんなキャリアと人生を歩むかわからない、見当もつかない女子高校生たちにとって、目標にしやすいという魅力もあるのだろう。

実際、組織で資格を持たない普通の女性が生きて行くのは簡単ではない。男性は大学でさほど勉強しなくても、就社してからon the jobでしっかり鍛えられ、育てられる傾向がある。それにひきかえ女性は従来、出産育児を機に数年程度の短期で離職するケースが多いことを理由として、教育や訓練は十分に行われないことが少なくなかった。そこで会社での教育を当てにせず、自分で大学や短大、専門学校で資格を取ろうとしてきた。これは欧米で多い「ジョブ型」の働き方である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)