リクシル、結論は「瀬戸再任とガバナンス強化」

リクシル、結論は「瀬戸再任とガバナンス強化」

瀬戸氏側の提案した取締役候補は、株主総会で全員が選任された。写真は今年5月開催の共同記者会見の模様。右端が瀬戸氏(撮影:風間仁一郎)

「総会が終わったからノーサイド。これからは皆で力をあわせて、この会社をよい方向にしていく」

創業家出身の潮田洋一郎・会長兼CEOと、元CEOの瀬戸欣哉氏との間で経営権をめぐる対立が続いていたLIXILグループ。6月25日の株主総会で社長兼CEOに返り咲いた瀬戸氏はそう強調した。

■瀬戸氏提案の候補者8人は全員選任された

昨年10月に瀬戸社長(当時)が退任する人事が発表されて以来、9カ月近くに及ぶLIXILの経営権をめぐる争いがとりあえず決着した。会社側が提案していた8人の取締役候補者のうち、ベネッセホールディングス副社長などを務めた福原賢一氏と、財務省関税局長などを務めた竹内洋氏の2人が選任されなかった。

一方、瀬戸氏側が提案した候補者は8人全員が選任された。





25日の株主総会は都内で午前11時に始まり、午後1時40分まで決算内容の説明と質疑応答が行われた。会社によると、10人の株主が合計12の質問を行った。内容は瀬戸氏の社長解任騒動の原因究明や業績、取締役の選任内容についての質疑が多かったという。

その後、2時間の休息をはさみ、午後3時45分に結果を報告して閉会した。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)