就活生の本音は「インターンで決めてほしい」だ



1Dayインターンシップは2010年ころから目立つようになったインターンシップの形態だ。当時も「本来のインターンシップではない」という反対意見があった。その理由は、インターンシップの目的は学生への就業体験の提供にあり、1日や半日の説明会や、先輩社員との懇親会は就業ではないからというものだった。こういう言説は理念を説いてまことに正しいが、十年一日のごとく同じ言葉が繰り返されている。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)