ソニーと「宿敵」の提携つないだ「日本人」の素顔

ソニーと「宿敵」の提携つないだ「日本人」の素顔

今年5月に電撃的に発表されたソニーとマイクロソフトの提携。ソニーの吉田憲一郎社長は、同月に開催された経営方針説明会で両社の提携の意義を強調した(撮影:尾形文繁)

日本時間5月17日の未明、アメリカから電撃的な提携のニュースが舞い込んだ。ソニーはアメリカ・マイクロソフトと、ゲームやコンテンツのストリーミングサービスに向けたクラウドソリューションを共同開発するための提携検討を始めることを発表した。

「プレイステーション」と「XBox」というゲーム機分野で世界2強として競合する両者がタッグを組み、アメリカ・グーグルが11月に欧米で開始するクラウドゲームサービス「スタディア」に対抗する狙いだ。

マイクロソフトはこの10年ほどでクラウドプラットフォーム「アジュール」を軸として、クラウド事業を急拡大してきた。さまざまな業界のデジタル化を担うITインフラを提供し、OS(基本ソフト)「ウィンドウズ」を中心としたパソコン向けの事業構造からの脱却に成功。世界的な大手企業との戦略提携も増えている。

■提携発表前日のトップ会談

ソニーとの提携発表の前日、マイクロソフトのシアトル本社では、世界中の著名企業の経営者を集めた招待制イベント「CEOサミット」が開かれていた。ここで同社のサティア・ナデラCEOとの面会が決まっていたソニー吉田憲一郎社長の渡米に合わせ、提携に関する覚書締結の調整が進められた。

この実現の裏には、マイクロソフト本社に在籍する日本人最高幹部の存在があった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)