「会話のある夫婦」が子どもの自立を促す理由

「会話のある夫婦」が子どもの自立を促す理由

子どもを自立させるためにどうしていくべきか悩む親も多いです(写真:Fast&Slow/PIXTA)

今、「引きこもりの子ども」を抱える親が増えています。引きこもる50代の子どもを80代の親が面倒をみる「8050問題」も深刻です。子どもを自立させるためにどうしていくべきか、悩む親も多いのではないでしょうか。

新刊『賢い子を育てる夫婦の会話』を著したNPO法人親子コミュニケーションラボ代表理事の天野ひかりさんは、「じつは、親がもつ子どもの悩みの裏には、“夫婦のコミュニケーションの問題”が隠れている」と言います。これまで5万人以上のお母さん・お父さんの声を聞いてきた天野さんに、現在の夫婦の問題にふれながら、自立した賢い子どもを育てるための夫婦のあり方を、本の中からいくつかご紹介いただきました。

■会話がほとんどない夫婦が増えている

子どもは、お父さんとお母さんが話している姿とその言葉から、多くのことを学んで育ちます。夫婦の会話がない場合は、子どもは夫婦の関係も敏感に感じ取り、影響を受けていきます。

パートナーとの会話は少なくても、子どもと私は話しているから大丈夫、と思われる方もいらっしゃるでしょう。けれども、親と子の対話といった「タテの関係」から学べない多くのことを、夫婦の「ヨコの関係」から学んでいるのです。

最近は、子育ての講演やセミナーで「夫婦の会話がほとんどなくて、どうしたらいいでしょうか……」という相談をよく受けます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)