ラガルドECB総裁誕生から何を読み解くか

ラガルドECB総裁誕生から何を読み解くか

ラガルド氏は現在IMF専務理事で、欧州で最も有名な女性の1人といえる(写真:REUTERS/Carlos Jasso)

7月2日に開催されたEU(欧州連合)臨時首脳会議において、EU首脳は次期ECB(欧州中央銀行)総裁としてフランスのクリスティーヌ・ラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事、欧州委員長にドイツのウルズラ・フォンデアライエン国防相を指名することを決定した。

両ポスト共に女性が選ばれるのは初である(共に2019年10月31日に現職の任期満了)。1999年以降、ECB総裁と欧州委員長のポストをドイツとフランスで分け合うということはありそうでなかったことである。もっとも、欧州委員長については「欧州議会選挙における最大会派の推す候補から起用」という慣例に、今回の決定が則していないこともあり、欧州議会からの賛成が得られないとの声も少なくない。

そのほか、トゥスクEU大統領の後任にはベルギーのシャルル・ミシェル首相、EUの外務大臣に相当する外交安全保障上級代表にはスペインのジョセップ・ボレル外務大臣が選ばれている(両ポスト共に2019年11月31日に現職の任期満了)。EUの4大高位ポストはドイツ、フランス、スペイン、ベルギーに割り振られるという絵図になった。

なかでも驚きはやはりラガルド氏の指名である。これまでも欧州で高位高官のポストが空くたびにラガルド氏の名は挙がってきた。ECB総裁はもちろん、欧州委員長の候補とも言われていた。先のフランス大統領選挙でも候補に挙がっていたほどである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)