明治時代にスポーツを広めた「欧米人」の功績

明治時代にスポーツを広めた「欧米人」の功績

1896年、第一高等学校の野球部集合写真。この年、第一高等学校野球部(ベースボール部)は、 横浜外国人クラブに大勝。日本人チームが「国際試合」に初勝利した。写真後列中央の髭の男性は、当時一高野球部監督で、「野球」の名付け親といわれる中馬庚(写真:所蔵・東北大学史料館、旧蔵・石渡信太郎)

日本人が最初に“近代スポーツ”に親しんだのは、明治時代に誕生した学校でのことだった。教師として来日した英国人や米国人が、学生にスポーツを教えたのだ――。

■横浜に英国の商人が居住するように

19世紀の半ば、ヴィクトリア女王治下の英国では産業革命によって生産力が飛躍的に向上し、世界最大の経済大国となった英国の工業製品は世界に輸出され、その通商路は世界最強の海軍力によって守られていた。アジア大陸ではインド亜大陸を支配下に収めた英国がさらに東進してシンガポールを植民地化し、中国まで勢力圏を伸ばしていた。

英国をはじめとした西欧列強がアジア進出を図るそんな時代に開国した日本は、条約に基づいて1859(安政6)年に横浜を開港し、横浜の居留地には英国など各国の商人が多数居住するようになった。

当時の英国のエリート層はスポーツが大好きで、植民地や居留地では町の中心に芝生の広場を作ってクリケットやフットボールといったスポーツに興じていた。横浜の居留地も例外ではなく、当初は山手の英国陸軍駐屯地内などでスポーツが行われていたが、その後根岸の丘に競馬場が造られ、1875(明治8)年には火事で焼失した遊郭の跡地に「彼我公園」が開設される。公園の中央には芝生の広場が作られて、そこでクリケットやフットボール、ベースボールなどが行われた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)