この3年で「人口を増やした」自治体ランキング

この3年で「人口を増やした」自治体ランキング

この3年で「人口を増やした」自治体ランキング

6月17日に発売を開始した『都市データパック2019年版』では、地方自治体に関連するさまざまな統計データを収録している。東洋経済オンラインでは、『都市データパック2019年版』の掲載データから、人口問題に関連したランキングを紹介していきたい。

はじめに紹介するのは、直近3年で人口が増加している自治体ランキングだ。

データの出典は、総務省の「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」からで、調査期間は2015〜2017年の3年間だ。

人口減少が深刻化する中でも、人口を増やした自治体が330自治体あった。

全体としては大都市近郊の都市が上位に並ぶものの、外国人観光客が増加している町や村でも急上昇した地域がある。どのような自治体で、人口が増加したのだろうか。

■北海道の村と沖縄の離島がトップ2

ランキング1位になったのは北海道の占冠村だ。北海道全体ではマイナス1.7%の減少する中で、この3年で19%人口が増加した。占冠村は北海道のほぼ中心に位置し、新千歳空港からJRを利用して1時間ほどの村だ。ウインターリゾートを楽しむ外国人観光客からの人気も高く、星野リゾートが運営するトマムが有名だ。

ランキング上位には北海道内で人気ウインターリゾートを有する自治体が、ランクインした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)