40代でもお腹が凹む!「3分腹筋」の正しい方法

40代でもお腹が凹む!「3分腹筋」の正しい方法

腹筋運動を頑張っても「成果がいっこうに出てこない」という場合、目的に合っていない方法を取っているのかもしれません。お腹がかっこよく凹む「正しい3つの腹筋」のやり方をご紹介します(写真:プラナ/PIXTA)

内科、循環器科の専門医として、数多くの患者と日々接している医学博士の池谷敏郎氏。血管、血液、心臓などの循環器系のエキスパートとして『モーニングショー』(テレビ朝日)、『深層NEWS』(BS日テレ)などテレビにも多数出演しているが、過去15キロ以上の減量に成功し、56歳でも体脂肪率10.6%を誇ることはあまり知られていない。
このたび、その減量メソッドを全公開した新刊『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』が話題になっている池谷氏が「内臓脂肪が落ちる3つの『正しい腹筋運動』」について解き明かす。

■お腹が引き締まる「正しい腹筋」がある

暑さが増してくる季節、スーツを着ているビジネスパーソンも上着を脱ぐ機会が増えてくると思います。しかしそうなると、今まで上着で何とかカバーしていたぽっこりお腹がバレてしまうことに……。

「何とかして、早くお腹を引っ込めなくては!」と考えて、多くの人が真っ先にやろうとするのが腹筋運動。

しかし、腹筋運動を頑張っても「成果がいっこうに出てこない」と感じている人も多いものです。私のところに来る患者さんからも、「腹筋を頑張っているのに、なかなかお腹が引っ込まない」と相談されることがあります。

もちろん、お腹を凹ませるためには暴飲暴食を正すことは必須です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)