この3年「特に人口が減った」自治体ランキング

この3年「特に人口が減った」自治体ランキング

この3年「特に人口が減った」自治体ランキング

6月17日に発売を開始した『都市データパック2019年版』では、地方自治体に関連するさまざまな統計データを収録している。東洋経済オンラインでは、『都市データパック2019年版』の掲載データから、人口問題に関連したランキングを紹介している。

「この3年で人口を増やした自治体ランキング」に続いて紹介するのは、この3年で人口が減少した自治体のランキングだ。データの出典は総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」からで、調査期間は2015〜2017年の3年間だ。

全国1741自治体の中で人口が減少した自治体は、1411自治体(全体の80%超)に上る。3年間で人口減少率が10%を超えたのも、12自治体あった。

人口減少が急速に進む自治体に限定するため、人口が5%以上減った自治体でランキングを作成した。

■山間部の自治体で人口減少が顕著に

上位の10自治体は、海に面さない市町村が並んだ。奈良県と北海道から3自治体、群馬県から2自治体、高知と長野から1つの自治体が入っている。

ランキングの1位になったのは奈良県の野迫川村で、減少率はマイナス13.4%だった。野迫川村は、県の西南端に位置し、北には高野山がそびえる町だ。人口は418人と少なく、離島を除くと全国で2番目に少ない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)