東海道新幹線、30年で本数はこんなに増えた

東海道新幹線、30年で本数はこんなに増えた

車両基地にずらりと並ぶ新幹線車両。東海道新幹線は現行ダイヤで「のぞみ」を1時間当たり最大10本運行できる(撮影:尾形文繁)

あと半月ほどで夏休みシーズン。大型連休や年末年始と並び、新幹線をはじめとする鉄道が混雑するお盆の列車予約スタートはもうすぐだ。

今年のゴールデンウィークは10連休だったこともあり、鉄道の利用は極めて好調だった。その中でも東海道新幹線は、前年比118%増の457万9000人が利用し、ピークとなった4月27日は、下り列車だけで26万8500人が乗車した。

その日、東京駅の東海道新幹線改札付近を通ると「指定券をお求めのお客様へ」という看板が立っており、そこには「東海道・山陽新幹線は本日は指定席・グリーン席共に、満席となっております。その為、指定席の発売や、列車・座席の変更はお受けできません。予めご了承ください」と記されていた。

緊急時に駅員が手書きでホワイトボードや模造紙に記したものではなく、しっかりとした看板だ。JR東海に問い合わせると、今回のゴールデンウィークについては「事前に多くの利用者がいることがわかっていたので、あらゆる準備をしていた」という。しっかりとした看板もその一環であろう。

■1日で「のぞみ」は何人運んでいる?

では、東海道新幹線は1編成で何人運べるのか。現在走っている700系・N700系(N700A)は16両編成で1323席。日本の「町」でもっとも人口の少ない山梨県早川町が1000人程度だから、町民全員を新幹線1編成で運べるということになる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)