カリスマ投資家が怒った「函館の残念株主総会」

カリスマ投資家が怒った「函館の残念株主総会」

カリスマ投資家の内田衛氏は、ある株主総会出席のため函館へ。 個人投資家として総会で「ダメ出し」した。その企業とは?(写真:まちゃー/PIXTA)

「6月の株主総会シーズン」が終わった。今年はLIXILグループなどで総会の重要性が改めて浮き彫りになった。そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は2週間でなんと12の企業の総会に出席。「新メニュー提案」から「閉鎖的な総会への建設的批判」まで、堂々と意見を述べた内田氏。「企業価値を上げてもらいたい」と思ったら自ら行動するのは、さすがだ。早速「株日記」で振り返って見よう。

■まさかの急騰!ビットコインが再び100万円を突破

【6月17日 月曜日】先週末の日経225先物は、50円安の2万0980円、NYダウは17ドル安の2万6089ドル。1ドル=108.55円、1ユーロ=121.65円。仮想(暗号)通貨のビットコインが100万円を超えてきた。年初は1ビットコイン(BTC)が、40万円割れで推移していたのに、まさかの急騰ぶりだ。

保有銘柄のGMOフィナンシャルホールディングス(7177)も大幅高し、57円高(9.76%)の641円で引けた。GMOフィナンシャルホールディングスは、傘下にGMOクリック証券と仮想通貨取引所のGMOコインがある。日経平均株価は7円高の2万1124円と小動き。

【6月18日 火曜日】日経225先物は、10円安の2万1060円、NYダウは、22ドル高の2万6112ドル。アパート経営のTATERU(1435)について「預金データ改ざん問題で国交省が業務停止命令」と報道。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)