30歳までに1000万貯めた人が語る「貯蓄5鉄則」

30歳までに1000万貯めた人が語る「貯蓄5鉄則」

貯蓄習慣が身に付く無理のない貯め方とは?(写真:Yimages /PIXTA)

「老後に足りないお金は2000万円」という数字が日本中を震撼させている。これは2017年の家計調査報告の数字を使った単純計算によるもので、すべてに当てはまる絶対値ではないことはさまざまな場で述べられているため深くは触れない。

今のシニア層が全員2000万円の金融資産を持っているわけではないし、筆者の親だってそんな蓄えもないうえ、年金も20万円なんて額は受け取っていないが、普通に暮らしている。年齢が進めば使うお金も減っていくし、足りないなら収入なりの生活に収めてやっていくしかないのだ。

■1000万円という単位は、はるか向こうの目標ではない

とはいえ、貯蓄がゼロでよいわけではない。それに、目安がほしくなるのも人情だ。これまでも老後資金の目安は3000万円程度といわれてきた(生活費プラス家の修繕費や介護費などの特別支出含んだ金額)。

手が届かない数字に見えるが、退職金が1500万円くらい受け取れるなら、残りは1500万円となる。これがどういう数字かといえば、元編集者である筆者がいた主婦雑誌の世界でも「1000万円貯めた」企画はすでに普通になっていた。1000万円という単位は、はるか向こうの目標ではないのだ。

立派なのは金額だけではない。そこに至る道程で、貯蓄習慣というか貯蓄思想というか、そういうものが備わることに価値がある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)