「自民党のSNS」に若者がひとこと言いたいワケ

「自民党のSNS」に若者がひとこと言いたいワケ

政党のインスタグラムは若者から見たら「おじさんだらけ」…?(画像:自民党のインスタグラムより)

今年に入り、自民党が若者向けに作った広告が相次いで賛否両論、話題を呼んでいます。いったい何がズレていて、何が刺さっているのか? 前回記事に続き、若者研究家の原田曜平さんと、現役高校生・大学生たちが検証します。

【座談会参加者】浅見悦子(大学4年)、松崎瑞穂(大学3年)、富山連太郎(大学1年)、丸山あかね(高校3年)、堀井優香(高校2年)、須藤志央里(大学4年)

前回記事:自民党の斬新広告が若者をポカンとさせるワケ

■若者は「誰をフォローしているか」も見ている

原田:各政党がSNSをどんなふうに活用しているか、それが若者にどの程度届いているか、刺さっているか、みんなの目で評価してみてください。まずはTwitterからいきましょう。

須藤:自民党広報のTwitterを見ているのですが、業務報告を延々とツイートしていますね。これでは、なかなか興味は湧かないです。また、首相官邸のサイトにリンクが張ってありますが、Twitter経由で長文を読む若者はあまりいないです。

原田:上の世代がSNS上でよく陥る典型的なパターンかもしれないね。自分が言いたいことを一方的につぶやいてしまう。「言いたいことより、相手が見たいこと」を載せないとリアクションが得られないのがSNSなのに。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)