参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ

参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ

「令和初の国政選挙」では、政策だけで選ぶべきではない、それでは何をもって選択すべきなのか。中島岳志氏(左)と、プチ鹿島氏から話を聞いた(撮影:梅谷秀司)

第25回参院選が7月4日に公示され、21日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。消費増税や憲法改正、年金などが主な争点となる「令和初の国政選挙」で、私たちは何を選択すればいいのか――。

自民党の首相候補政治家をその言葉、著作から徹底的に分析した『自民党 価値とリスクのマトリクス』を著した中島岳志氏と、時事ネタを得意として多方面で活躍する芸人のプチ鹿島氏が徹底的に話し合った。

■政治家よ、まずは本を書け!

プチ鹿島(以下、鹿島):過去の本を読むなんて、その手があったか! と思いました。実際に、過去の発言は今の話につながっているんですよね。例えば「論破」という言葉は、ネットの中でもとくに言葉の強いタイプの人が使います。実はその「論破」を安倍晋三首相が若いころの著作で使っていた。

中島 岳志(以下、中島):しかも民主党などとの論戦で使うのではなく、自民党の議員に対して「論破」を使っているのが面白い。言葉遣いにそういった政治家の地金(じがね)が出ますよね。

鹿島:著作や対談などの文字に残っているものは、消すことができませんから。

その他にも、安倍さんの祖父である岸信介元首相のこんな話が出てきます。岸信介は、安保条約を通すために反対派の大野伴睦に次の政権を禅譲すると約束し、念書まで書きます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)