オスマン帝国がキリスト教徒と共生できた理由

オスマン帝国がキリスト教徒と共生できた理由

アヤ・ソフィア博物館。ビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルに建てられたハギア・ソフィア教会は、オスマン帝国による征服後モスクに転用された。トルコ共和国成立後は、博物館として利用されている(出所:Wikipedia)

「文明の衝突」が声高に叫ばれる昨今、ムスリム(イスラム教徒)と非ムスリムとがどう関係を結んでいくのかが喫緊の課題となっている。

強大なイスラム国家であったオスマン帝国は、ムスリムと非ムスリムの共生を実現し、600年にわたってイスラム世界に君臨した。

いま話題の書『教養としての世界史の学び方』の執筆者の1人であり、オスマン帝国史の研究者である小笠原弘幸氏が、オスマン帝国の経験からイスラム世界における共存と平等の問題を読み解く。

■イスラム教をどうとらえるか

ムスリムと非ムスリムが、どのように適切な関係を取り結んでゆくか。この問題を考えるにあたって、ひとつの有効な方法は、これまでの歴史に範を求めることです。

イスラム世界の歴史上、最も強大なイスラム国家を築いたのは、オスマン帝国(1299年ごろ成立〜1922年滅亡)でした。

600年にわたって存続し、400年以上スンナ派イスラム世界の盟主として君臨したオスマン帝国は、ムスリムと非ムスリムとの共存を果たし、のみならず平等をも実現すべく力を尽くしました。ゆえにこの国の歴史は、貴重な経験をわたしたちに示してくれます。

本稿では、まず、@イスラム教やイスラム世界を語るさいに、どのようなスタンスをとるのがふさわしいのかを検討します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)